美肌

コンドロイチンの理想的な摂取量

コンドロイチンとグルコサミンは、一緒に併せて摂取する事でお互いの効果を高めることができる。
関節痛や関節炎の痛みを和らげるためにも、コンドロイチンとグルコサミンの両方を摂取する必要があるのだが、摂取するときのバランスも大切なポイントとなる。
コンドロイチン、グルコサミンともに食品から必要量を摂取するのは難しいので、基本的にはサプリメントからの摂取となるだろう。
両方が配合されているサプリメントであればバランスよく作られているはずなので問題ないが、それぞれのサプリメントを組み合わせて摂る場合は摂取量のバランスに気を付けなければならない。

まずグルコサミンの場合の最も適している摂取量は1日当たり1500mgと言われている。
しかし、これは体重が55~90kgの場合だ。
体重がこの枠よりも重い、または軽い場合は摂取量を調整する必要がある。
体重が54kg以下の場合は1日当たり1000mg、90kg以上の場合は2000mgがグルコサミンの必要量となる。

54kgと90kg以上の人だと1000mgも理想摂取量に差が生じるという事になる。
誰もが標準量を服用するだけで十分な効き目が表れるという訳ではないのである。
しかし、どんな体系の倍でも必要摂取量はコンドロイチン<グルコサミンとなる。
理想的といわれているバランスはコンドロイチン:グルコサミン=4:5の割合である。

具体的な数字をあげると、体重54kg以下の場合はグルコサミン1000mgとコンドロイチン800mg。55~90kgの場合はグルコサミン1500mgとコンドロイチン1200mg。
90kg超の場合はグルコサミン2000mgとコンドロイチン1500mgが目安となる。
また、コンドロイチンは一日分をまとめて摂取してしまうよりも、数回に分けて摂取していった方がより効果が表れる。
必要摂取量を一度に飲んでしまうのではなく、2~3回に小分けにしていくといいだろう。
コンドロイチンの効果を引き出すためには、体形に合わせた摂取量を守り、継続して飲んでいく事が重要となるのだ。

このページの先頭へ